歩行能力の維持・改善|介護予防・リハビリデイサービスnagomi

歩行能力の重要性

「介護予防」と歩行能力の維持・改善

歩行は、私たちの生活の中で「トイレに行く」「買い物に行く」「友人・家族と外出する」等なくてはならない重要な能力です。

歩行能力の改善と介護予防

歩行能力は、高齢者にとって単なる移動手段ではなく、自分らしい生きがいあるいきいきとした生活を送る上で大きな意味を持ちます。

歩行能力の維持・改善への取り組み

nagomiの運動は
「歩行能力の維持・改善」を主な目的とし、日常生活動作(ADL)を「正しい姿勢の保持」・「立ち座り」・「歩く」・「手の動作をスムーズにする」の4項目に分類し、効率的な機能向上に取り組んでいきます。

「歩行能力の維持・改善」は重要なテーマ