慢性期におけるリハビリの継続|介護予防・リハビリデイサービスnagomi

慢性期におけるリハビリの継続

「介護予防」と慢性期におけるリハビリの継続

2006年4月施行の診療報酬改定によってリハビリの日数制限が導入され、4つの疾患ごとで所定の日数を超えて医療施設でのリハビリの施術を受けることができなくなりました。

対象疾患

これによって、リハビリを継続したいが在宅での自主的なリハビリを余儀なくされ、結果、リハビリが継続できず、寝たきりになってしまう方や身体機能が衰えてしまう方、機能改善のチャンスがあるにもかかわらず逃してしまっている方々が多くいらっしゃいます。

慢性期におけるリハビリ環境の現状

慢性期におけるリハビリ環境の現状